HOME>アーカイブ>仕組みの内容や費用がどれぐらいかかるかがわかります

基本的に仲介手数料が必要

家族

市川市で不動産会社を利用する場合、その仕組みを理解することが必要になります。例えば、住宅を購入する場合には不動産会社が売買契約の間に入りますが、この時に仲介手数料を支払うことになるでしょう。仲介手数料はその物件のおよそ3パーセントとなっているため、売却する金額や購入する金額が大きければ大きいほど手数料も高くなります。このように、仲介手数料をとることで不動産会社はもうけているといえるでしょう。そもそもなぜ仲介手数料が必要かといえば、不動産会社は購入者と売却者をつなぎ止めている価値のある仕事をしているからです。例えば、物件を売却する場合、知っている人の中に購入希望者がいなければ不動産会社が必要になってくるところです。それに加えて、さまざまな書類を作成してくれる点も見逃すことができません。特に、登記関係や契約書関係などは自分たちで作るのは骨が折れるだけでなく、間違えた内容のものにしてしまうと後々大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。

売買にかかる費用

住宅模型とお金

千葉県市川市で不動産業者を利用する場合、費用を頭に入れておく必要があります。不動産の売買で必要な費用の一つは、仲介手数料です。仲介手数料は、不動産会社が法律に定めた範囲でもらってよいとされているもので、最大物件価格の3パーセントとされています。それ以外に必要なものといえば、登記するときに必要な費用です。通常登記をするときは司法書士にお願いをすることになりますが、この金額がおよそ30万円前後と考えておけばよいです。中には大きな物件の場合それ以上にかかることもありますが、一戸建て住宅やマンションの一室を売買する場合は30万円前後になることがほとんどになります。購入する場合は、火災保険料なども支払うことが重要になるでしょう。特に最近は、地震保険の支払いが大きくなります。

広告募集中